会社沿革 | 株式会社ヤマス|長崎|長崎魚市|鮮魚|水産加工品|仲卸

会社沿革HISTORY

大正8 創業者渡邊助次郎 鮮魚商を開業
ヤマスの屋号は、創業者助次郎の「ス」を引用したと伝えられている
昭和7 先々代会長渡邊初次 長崎市にて鮮魚仲卸業開業
26.8 渡邊初次、長崎魚市(株)取締役に就任
28.10 長崎魚市場精算会社の設立を主導
32.1 (有)渡邊水産加工を設立
33.7 (合)渡邊商店(屋号ヤマス商店)設立
42.11 (株)ヤマス設立  資本金2,700万円
渡邊 英 代表取締役社長に就任
43.4 市内磯道町に弁天島工場を建設し、冷凍加工部門を新設
45.12 大村市に養鰻場を建設
45.11 渡邊 初次
永年業界の発展に寄与したことにより、勲五等瑞宝章を受賞
48.3 渡邊英が長崎魚市(株)取締役に就任
49.9 資本金3,800万円
60.1 長崎水産物流通仲卸協同組合の設立を主導し、新長崎漁港内に冷凍・冷蔵庫を建設
平成元.9 新長崎漁港開港に伴い事務所を移転 資本金8,800万円
5.11 魚市場に隣接した私有地に京泊工場を建設し加工部門を拡充
9.11 渡邊 英 先代に続き、勲五等瑞寶章を受賞
13.4 (有)カトラスコーポレーションを設立
13.11 長崎県特選加工品「平成長崎俵物」に「しめ旬さば」「いか一夜干し」認定
16.4 市内京泊町の社有地約3900坪を大型娯楽施設向けに賃貸。不動産事業を積極的に展開
17.10 流通仲卸(協)敷地内に本部事務所を新築
仲卸棟・事務所から本社機能を移転
18.1 食品業界企業間インターネット取引「フーズインフォマート」加入
18.3 長崎県特選加工品「平成長崎俵物」に「金目鯛粕漬」認定
以降 漬魚シリーズとして「ブリみそ漬」「アジ甘みそ漬」が順次認定
19.9 渡邊 英行 代表取締役社長に就任
資本金1,000万円
19.11 会社設立40周年記念式典開催
24.1 京泊工場敷地内にコンビニエンスストアを誘地
京泊工場の事務所棟を敷地内に移転新築
24.4 渡邊英行 長崎魚市(株)取締役に就任